麻雀

  • 麻雀イメージ1

    【最新式全自動麻雀卓導入】

    大河原店では今注目のデジタル点数表示はもちろん、オート配牌及びドラ出し機能を搭載した完全自動麻雀卓を導入しています。音声案内で楽々操作・面倒な作業を省き、プレイがスムーズに!!

  • 麻雀イメージ2

    麻雀のルール

    麻雀は4人で遊ぶゲームで、34種類と136枚の麻雀牌を使って、いろいろな役(あがりの形)を積み重ね得点を競うゲームです。136枚の麻雀牌から各プレイヤーに13枚づつ配り、ルールに沿って1枚づつ牌をとり、不要な牌を1枚づつ捨てていきます。麻雀牌をヤマからとってくることを「ツモ」と言い、捨てる不要な牌のことを「捨て牌」と言います。まず4人の中から親を決め、1ゲームごとに親を左回りで変えていきます。親が2順した段階で、ゲームは一段落し、点数を精算します。この一つの流れを「半荘(ハンチャン)」と言います。清算の結果、点数の最も高いプレイヤーが勝者となります。

  • 麻雀牌について

    麻雀牌は、大きく分けると、数牌と字牌に分かれます。数牌はさらに、マンズ(ワンズ)、ソーズ、ピンズに分かれ、それぞれ1から9まであります。字牌は、東、南、西、北の風牌と、白、発、中の三元牌に分かれます。

    さらに数牌は、1と9だけを集めた老頭牌(ロートーハイ)と、2から8まで集めた中張牌(チューチャンパイ)に分かれます。

  • 麻雀・配牌について

    麻雀は4人で楽しむ娯楽で、はじめに各プレイヤーに対して、13枚の麻雀牌を配ります。これを配牌(ハイパイ)といい、配られた牌のことを手牌(テハイ)といいます。配られた13枚の麻雀牌は、ゴチャ混ぜにした麻雀牌のヤマから配牌されるため、並び順はバラバラです。各プレイヤーは、このバラバラな並びを自分が理解しやすいように並び変えます。これを理牌(リーハイ)といいます。

    配牌と理牌が完了したら、ゲーム開始です。各プレイヤーは順番に麻雀牌を1枚づつヤマからツモってきて、手牌の中から最も不要だと思う牌を一枚捨てていきます。この動作を各プレイヤーが交互に繰り返していき、所定の並び順(あがり形)を目指します。あがり形は頭(アタマ)と面子(メンツ)から成り、アタマは2枚で1セット、メンツは3枚で1セットになります。アタマが1つとメンツが4つの合計14枚で、最終的なあがりの状態となります。

  • 麻雀・あがりの基本

    麻雀は、最初にバラバラに配られる13枚の麻雀牌に、ヤマからツモってきた麻雀牌1枚を加え、不要な麻雀牌を1枚捨てます。この作業を4人のプレイヤーが交互に繰り返していき、最終的に決められた形(並び)を目指します。この決められた形のことを「あがりの形」といい、あがりの形の基本は、アタマが1組とメンツが4つの組み合わせから成ります。

    あがりの形には、どういう組み合わせを作るかによって得点に差があります。あらかじめ決められた「あがりの形」のことを「役」といいます。役は難しい組み合わせであればあるほど、高い得点が付与されます。また役は、手牌の中に1つだけでなく、複数の役を組み合わせることもでき、複数の役が組み合わされば、それだけ得点が加算されます。

  • 自遊時間 仙台店
    仙台店ではなんと漫画が県内最大級の5万冊
    仙台店では、流行の雑誌から懐かしのコミック・マンガなど5万冊を幅広く取り揃えています。
    仙台店の店舗情報へ
  • 自遊時間 大河原店
    仙南唯一のカラオケ24h営業。持ち込みも自由!!
    大河原店では、仙南唯一のカラオケ24h営業です。そして!食べ物・飲み物の持ち込みが自由!
    大河原店の店舗情報へ