ダーツ

ダーツ イメージ1 ダーツ イメージ2

ダーツ専用ルームがございます。VSフェニックスを取り揃えております。
個室のダーツルームもございます。

ダーツのルール
ダーツは、的に向けて矢を投げ、得点を競う一見単純そうなゲームですが、シンプルがゆえに奥が深く、基本が大切になってきます。ここでは、ダーツの基礎とルールなどをご説明いたします。
  • ダーツ イメージ3

    得点の見方

    シングル
    台形と扇形の部分。そのナンバーがスコアになります。
    ダブルリング
    外側のリング(細い部分)。そのナンバーの2倍のスコアになります。
    トリプルリング
    内側のリング(細い部分)。そのナンバーの3倍のスコアになります。
    ブルズアイ(ダブルブル)
    真ん中二重丸内側の部分。インナーブルとも呼びます。
    ブルズアイ(シングルブル)
    真ん中二重丸外側の部分。アウターブルとも呼びます。
  • ダーツ各部の名称

    チップ
    先端の部分。ポイントとも呼ばれます。安全なプラスチック製のソフトチップが主流です。バグースでは、安全のためソフトチップ以外は使用禁止となっております。
    バレル
    金属の部分です。ダーツの主要パーツとなります。重量・形状により、軌道に影響を与えます。
    シャフト
    フライトとバレルを繋ぐ部分です。長さやウェイトバランスも軌道に影響を与えます。
    フライト
    羽根の部分です。ダーツが、美しく、狙った軌道を飛行するように、バリエーションが多く、また、プレイヤーの個性を主張する部分でもあります。
  • ダーツの投げ方

    グリップ
    基本的には親指と人差し指と中指(3本掛け)、または親指と人差し指の他に中指と薬指(4本掛け)でダーツを挟み、バランスをとります。指に力が入ると、ダーツが真っ直ぐに飛ばないため、支える程度に握ります。
    【ポイント】親指と人差し指でダーツを挟んでいる意識を持ち、他の指は支える程度が理想です。
    スタンス
    基本的に、ダーツボードに正対する『正面型』、ダーツボードに利き腕の体側を向ける『側面型』、その中くらいの『中間型』がありますが、自分に合う投げやすい角度を見つけます。
    スローイング
    1.アドレス
    ・狙うポイントに目線を合わせます。
    ・ゆっくり肘を肩から直角に伸ばします。
    ・目線のライン上にダーツを持っていき、固定します。
    【ポイント】手首と肘と肩が縦に一直線になる構えが理想的です。
    2.テイクバック
    「構えた位置からリラックスして腕を倒します。
    【ポイント】引くというイメージだと肘が動きやすいので、腕を倒すイメージがベストです。
    3.リリース
    ・引きつけた腕を目標に向かって押し出す感じで投げます。
    ・最初の構えの位置でダーツを放し、安定した放物線を描くように、腕の動きを一定にして投げます。
    【ポイント】肘は固定せず、跳ね上げます
    4.フォロースルー
    投げた後は腕を途中で止めず、真っ直ぐ伸ばします。
    投げ終わった後手首が狙ったターゲットに向かっているようにします。
  • 自遊時間 仙台店
    仙台店ではなんと漫画が県内最大級の5万冊
    仙台店では、流行の雑誌から懐かしのコミック・マンガなど5万冊を幅広く取り揃えています。
    仙台店の店舗情報へ
  • 自遊時間 大河原店
    仙南唯一のカラオケ24h営業。持ち込みも自由!!
    大河原店では、仙南唯一のカラオケ24h営業です。そして!食べ物・飲み物の持ち込みが自由!
    大河原店の店舗情報へ